七尾ロータリークラブ
Nanao Rotary Club

七尾ロータリークラブ

標準邦訳の問題点

1. 標題の"Four-way"はハイフンで繋がれた単数語であり、"Test"も複数語になっていません。『The Four-way Test』は、4項目に対する試験ではなく、四方から眺めて判断すべしとの意味なのです。4つで一組であり、4項目の内、3つ出来たら75点と言うのではなく、4項目すべてに合格しなければパスしません。全部を一括しての自称自戒なのです。

2."of the things we think, say or do "という前文は1956年まではありませんでした。又前文の訳に「言行はこれに照らしてから」とありますが、"think"の訳語が抜けているのでは?テーラーは、自叙伝の中で「言行の前には、必ず、心の中の考えこそ最も大切である」「考えていることは、知らず知らずの中に、必ず、行動に出てしまうものである」と解説しておられます が、 "think"の言葉を抜いては、最も大切な過程である 「先ず、考えてから」が日本語訳から抜けたことになるのではないでしょうか。

3.第1項の「真実かどうか」では、「事実か」ということと「真実か」ということの違いを認識する必要があります。「事実」というのは物理的判定であり、 「真実」 というのは 人間の心を通し厳重に判定した結果であると 思います。

4."to all concern"が簡単に「みんな」とアッサリ訳されて、肝心の"concern"をわざわざ抜いて訳されています。「かかわりのある、利害関係のある」を省略した翻訳です。 ただ、「みんな」でよいなら、英語でも"to all "でことが足ります。この"concern"と言う言葉は、第2句と第4句の双方に用いてありますが、「みんな」という不特定多数(一般市民とか全人類とか)を指すことになると、対象者が漠然となり、時として、物事の判断・物差しの役目を果たすのに不十分ではないでしょうか。

5. 「公平」と"FAIR"とは、同じではありません。「公平」が、原語の"FAIR"の意味するところを正しく伝えているかどうかが問題です。「公平」は、依怙贔屓のないいずれにも偏らないことですが、分配の形容となり、"FAIR"はもう少し広い意味があるのではないでしょうか。公明正大・正々堂々、あるいは、清らかで正しいという意味が強いのでは……。

6. 「好意を深める」と言う言葉についても議論があります。"build GOODWILL"とは自ら発する善意であり、相手方が当方に対して持つ思いやりの心は「厚意」です。"build GOODWILL"は、親愛感を示す表現の好意と言うよりも、自分の好意が善意の現れになっているかと自身で確かめること。そして、その結果が友情を深めることに繋がるだろうかと自問することだと思います。

参考文献:「四つのテスト」特集号(1998.9.17 刈谷RC週報)
(文責・・2640地区ガバナー 成川守彦)
RJW(Rotary Japan Web)から転載許可済

 

ページトップヘ移動